妊娠も楽しむ、キャリアも楽しむ♪ 女性会計士の日記
| Admin |
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小説で学ぼう?華麗なる一族
2008年08月01日 (金) | 編集 |
以前訪問した会社で、複雑な訴訟と民事再生を乗り切った担当者の方が、「再生で大変だった時、法律の本とかも勉強したけど、(ビジネス)小説を読んで再生現場の臨場感を知った」とおっしゃっていました。

最近その言葉を思い出して、通勤電車で「華麗なる一族」読んでます。
鉄鋼関係の社長さんもオススメしていた本。
キムタクのドラマもありましたね?。

華やかでドロドロしたセレブの生活描写もすごいですが、ビジネス小説として読んでみると、鉄鋼業界のこと、銀行のこと、官庁のこと、そして企業がなぜ粉飾に至るのか、いろいろな面が精緻に描かれていて勉強になります。

ちなみに、小説に出てくる阪神特殊製鋼のモデル、山陽特殊製鋼の粉飾事件は会計士にも馴染みがあるというか、この事件がきっかけで日本の会計監査制度は大きく変わることになったんですよ(昔予備校の監査論の教科書にも載っていた気が)。

文庫で読んでていよいよ下巻に入るところですが、中巻で万樹子が流産するシーンがあってちょっとギクリ。や、やっぱり安定期に入っても養生してないとね(><)

華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫)華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫)
(1970/05)
山崎 豊子

商品詳細を見る

華麗なる一族〈中〉 (新潮文庫)華麗なる一族〈中〉 (新潮文庫)
(1970/05)
山崎 豊子

商品詳細を見る

華麗なる一族〈下〉 (新潮文庫)華麗なる一族〈下〉 (新潮文庫)
(1970/05)
山崎 豊子

商品詳細を見る

スポンサーサイト

会計を視覚でとらえる
2008年05月15日 (木) | 編集 |
最近、「会計を勉強したいんだけど、わかりやすい入門的な本ってないですか?」と聞かれることが多いので、会計本のレビューもちょこちょこしていこうかと思います。

数字が苦手だ!と主張する人に伝えたいのが、シンプルに、視覚的に決算書をとらえることがコツだ、ということ。
私だって字と数字だけの文書を眺めるのは決して好きではありません。眠くなるし。

会計に対する抵抗感をなくしたいと思ったら、さしあたり、「右脳でわかる!会計力トレーニング」が初心者に良いと思います。簿記がわからなくても大丈夫(ただ、この本で簿記が学べるわけではありません)。クイズが解けなくても大丈夫(決算書も見たことない、日経も読み込んでないレベルの人が解けるクイズではないと思うので)。

右脳でわかる! 会計力トレーニング右脳でわかる! 会計力トレーニング
(2007/03/24)
田中 靖浩

商品詳細を見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。